カップルYouTuber

熊崎優美は会社の社長?元アイドルでフィリピンとのハーフって本当?

熊崎優美は会社の社長?元アイドルでフィリピンとのハーフって本当?

人気ユーチューバーのヴァンゆんとして活動している熊崎優美さん。お母さんがフィリピン人、お父さんが日本人というハーフで、とてもかわいいですよね。

そんな熊崎優美さんは元アイドルで、現在は会社の社長も務めているのだとか。今回は、熊崎優美さんが会社の社長という話や、アイドル時代のエピソードなどを紹介します。

熊崎優美は会社の社長?

 

この投稿をInstagramで見る

 

ゆん (Yun)(@yuntaaam_s2)がシェアした投稿

ヴァンゆんとして日々様々な動画をYouTubeに投稿している熊崎優美さんですが、実は社長という肩書も持っているようです。すごいですね!

熊崎優美さんは3社もの会社を経営しているようですが、そのうちの1社はもともと熊崎優美さんのお父さんが経営していた人材派遣会社業を営む会社とのことです。

熊崎優美さんがお父さんの会社を継いだのは2015年頃だといわれています。2015年というと、熊崎優美さんはまだ20代前半ですよね。

 

なぜそんなに若い時にお父さんの会社を継いだのでしょうか?

熊崎優美が社長になった理由

熊崎優美さんが若くして社長になった理由は、お父さんが突然倒れてそのまま帰らぬ人となってしまったからだそうです。

しかも、お父さんの会社は当時、800万円の借金を抱えていたのだとか…。

借金は相続放棄をするという手もありますが、当時のゆんさんは法律の知識がなく、相続放棄することができなかったようです。

 

そのため、借金ごと会社を引き継ぐことになってしまいます。若くしてお父さんを亡くすだけでもとても辛くて苦しかったと思いますが…。

さらに多額の借金を背負ってしまうというのは、言葉にできないほどの不安や絶望がのしかかってきたのではないでしょうか…。

しかも、会社を引き継いですぐは取引先がなく、営業へ行っても相手にしてもらえない状況が続いていたといいます。

 

そんな状況でも熊崎優美さんは家計を支えるため、社長としての仕事が終わったら焼き鳥屋でアルバイトもしていたようです。

20代前半なんて友達や彼氏とたくさん遊びたい年頃なのに、想像を絶するような苦労を経験していたんですね。

ユーチューバーになって人生が変わる

お父さんの会社を継いだ後は大変な苦労をしていた熊崎優美さんですが、その後の熊崎優美さんはユーチューバーとして人気を集めるようになり、一般人では稼げないほどの額を稼ぐようになりました。

その結果、無事に800万円の借金を完済することができたそうです!苦労した日々が報われて本当によかったですよね。

借金がなくなったなら会社を畳むという選択肢もあったのではと思いますが、ゆんさんは現在もお父さんから受け継いだ会社を続けています。

 

そこで働くお母さんのためだったり、お父さんが残してくれたものを無くしたくないという気持ちがあるみたいです。家族思いで頑張り屋さんで、本当に素敵な女性ですよね。

熊崎優美は元アイドル?

 

この投稿をInstagramで見る

 

ゆん (Yun)(@yuntaaam_s2)がシェアした投稿

現在はユーチューバーとして活動している熊崎優美さんですが、もともとは高校時代からアイドルとして活動していました。

2011年にはSKE48第5期生オーディションで最終メンバーにも選ばれていたのだそうです!

残念ながらSKE48の正式メンバーにはなれなかったようですが、その後、2015年には名古屋のアイドルグループ、BSJのメンバーとして活躍していました。

 

そして、2016年には名古屋のアイドル事務所・シンデレラプロモーションに移籍となりますが、どうやらブラック企業だったようで、こちらはすぐに退所した模様。

「Romantic Cherie」というアイドルグループのメンバーとしてデビューする予定もあったようですが、シンデレラプロモーションとの契約を見送ったことで、その予定も立ち消えに。

また、お父さんの会社を継いだこともあって、アイドルとして活動することは諦めたようです。

 

熊崎優美さんにとってアイドルは天職だったといいますから、いろいろな事情が重なってアイドル業が続けられなかったのは残念ですね。

今の熊崎優美さんには、芸能界でマルチタレントになるという夢があるのだそうです。

ユーチューバーとしてはすでに大人気になっていますし、ヴァンゆんとしてバラエティ番組にもいくつか出演しています。

 

今後は今まで以上に熊崎優美さんをテレビで見かけることが多くなるかもしれませんね!

熊崎優美はフィリピンとのハーフ?

 

この投稿をInstagramで見る

 

ゆん (Yun)(@yuntaaam_s2)がシェアした投稿

熊崎優美さんはお人形のようなとてもかわいらしい顔立ちをしていますが、実は、フィリピンと日本のハーフです。お母さんがフィリピン人でお父さんが日本人とのこと。

熊崎優美さんがお父さんの会社を継いだというところで「なぜお母さんが継がないの?」と疑問に思った方もいるかもしれませんが、お母さんがフィリピン人ということが関係していました。

お母さんは日本語があまり得意ではなく、読み書きも苦手なのだそうです。そのため、熊崎優美さんが社長となり、お母さんは副社長となっているみたいですね。

 

そんなフィリピン人のお母さんはヴァンゆんの動画に出演することがあります。サングラスで顔を隠してはいますが、優しそうな雰囲気が伝わってきます。

熊崎優美さんには弟と妹がいて、弟は顔出しをしているのですが、熊崎優美さんに似た整った顔立ちをしており、イケメンだと話題になっていますね。

妹さんは顔出しをしていませんが、きっと妹も熊崎優美さんに似ているのではないでしょうか?

フィリピンに大豪邸?

お母さんの祖国であるフィリピンにある家が話題となっています。その家には現在おばあちゃんが住んでいるようですが、7LLDDKKという大豪邸なのです(笑)

ヴァンゆんの動画で家が公開されていましたが、広々とした敷地に車が3台停められており、家の床は大理石で作られているのだとか。

リビングは吹き抜けがある開放的な空間となっていて、家の中にキッチンが2つ、トイレは4つもあるのだといいます。なかなか日本ではこれほどの大豪邸はないですよね!

 

この大豪邸はお母さんが日本で稼いだお金をフィリピンに仕送りをしていて、そのお金を貯めて建てたのだそうです。

あまりにも大豪邸なので、建ててすぐは近所の人がよく見に来ていたそうですよ(笑)

フィリピンの物価は日本の3分の1だといいますが、ここまでの豪邸が建てられるのはすごいですよね。お母さんがコツコツとたくさん仕送りをしていたんでしょうね。

まとめ

 

この投稿をInstagramで見る

 

ゆん (Yun)(@yuntaaam_s2)がシェアした投稿

ヴァンゆんとして活動している熊崎優美さんはもともとアイドルだったみたいですね。

そして、お父さんが亡くなったことで借金を背負って会社の社長となるなど、波乱万丈な人生を歩んできたようです。

さんざん苦労してきたのに、そうした苦労を感じさせない素敵な笑顔が魅力的ですよね!今後も熊崎優美さんを応援していきましょう!